がーにゃそブログ

とあるジョジョヲタデザイナーのつぶやきです。

LINEスタンプを6時間で作った話

先日わたくしも遂にLINEスタンプを作りました!

仕事でデザイナーをやっているためこういうのにどうしてもコスト意識がでてきてしまう私は、とにかく時間をかけずにやる!というのを目標にやってみました。

その結果、かかった時間は制作から申請まで途中休憩も含めて6時間!長いのか短いのかよくわからないですが、とりあえず制作過程をメモがてらまとめようと思います。

イラストを描く前に制作ガイドラインをチェック!

まずやったことは制作ガイドラインをチェックして、どうやってイラストを作るか考えることです。

ガイドライン - LINE Creators Market

ガイドラインによると、スタンプの大きさは最大で横370px 縦320pxとあります。めんどいので、サイズは一律320x320にしちゃおう、とかなんとなく考えます。

その他、メイン画像とトークルームに表示される画像が必要です。これはスタンプ画像より小さいサイズなので、スタンプ画像を書き終えてから適当に作るとします。

スタンプのイラストを描く

もろもろ確認したらスタンプのイラストを描きます。
今回はiPadで描きました。

Retinaディスプレイ搭載のiPadの画面のサイズは2,048 x 1,536 なので、画像のように画面を12分割して使えばスタンプのガイドラインのサイズより少し大きいサイズで描くことができます。

Procreateというアプリを使っています。

Procreate

Procreate

  • Savage Interactive Pty Ltd
  • エンターテインメント
  • ¥600

ひたすら描いて、背景が透過のPNGで書き出したら、PCに移って指定のサイズに切り取ります。
この時上下左右に10px程度の余白を空けるのを忘れずに!

素材ができたらいざ申請

クリエイター登録をさっさと済ませたらいよいよスタンプを申請します。

まずスタンプの名前など基本的な情報を登録します。
英語表記をまず書いて、「追加」ボタンから日本を追加して日本語表記のものを加えて書く流れです。

もはや有名な話ですがこのとき英語表記のほうに全角の文字が混入していると、あとでリジェクトの対象になるそうなので要注意!

画像の登録でちょっとつまずいた!

画像はzipにまとめて一発で登録できると書いてある!ヤッタ!と思ったのもつかの間、いざうpしてみるとエラーの嵐。

なんかどこにも書いてない気がするんですけど、ファイル名をちゃんとしないとエラーになってしまうらしいです。
登録するマス目の左上に小さく書いてあるのがファイル名なんですなぁ。
サイズとかを読み取って自動で判断するのか?!LINEスゲー!とか思ったけどそんなに世の中甘くなかった(笑)

ここで私の思考パターンがこのシステム作った人と中途半端にシンクロしてしまい、main.png,tab.pngだけファイル名が偶然合っていたため、なかなか気が付きませんでした。。

ファイル名は以下のとおり

  • メイン画像:main.png
  • トークルームタブ画像:tab.png
  • スタンプ画像:01.png〜40.png

これは先に言って欲しかった。。

ちなみに個別に画像をアップロードするならファイル名は関係ないようでした。でも40個もあると間違えて同じやつ2回登録したりしそう。。

 

そんなこんなで現在審査待ちです。クオリティ低すぎでリジェクトされたらどうしよう、、

今後はiPhoneスキャナのスナップライトを使って、アナログ手描きスタンプとか作りたいなぁ。。とかぼんやり考えてます。

 

 

【追記:2015/07/14】

こちらのスタンプ、無事審査を一発で通り、発売中です。

雑に作った割にはいい感じになりました。

store.line.me